自動車修理マニア
〜自動車整備士の自動車修理バイブル〜
GT71 GTV Drag Light スワップマニアル
GTB Speed Wagon 130G CROWN turbo
GTZ cruise 70G MARKUturbo ブログ

   ホームエンジンスワップGTV Drag Light
ブレーキ&マスターバック

クラウンバンのノーマルブレーキは、かなり効きません。
エンジンパワーが上がっても、止まれない車ではしょうがないので、
ブレーキ関係にも手を入れました。

画像はノーマルの9インチシングルのマスターバックです。

JZA70スープラの8+9インチタンデムのマスターバックと、1インチブレーキマスターをそっくり移植しました。

マスターバックの大型化により、今までよりペダルに掛かった踏力が倍増されますし、
ブレーキマスターの大型化により、ペダルストロークが少なくなります。
マスターバックは、エンジンの吸入による負圧(バキューム)を使用しています。
その為、エンジンがかかっていないと、倍力作用がなくなります。
マスターバックの倍力作用がないと、ペダルを踏んだ力がそのまま伝わり、ちょっと踏んだくらいでは、全くブレーキは効きません。

ターボエンジンの場合、ブーストがかかているときは、吸入負圧ではなくなりますので、マスターバックの倍力作用がなくなります。逆に、加給圧はブレーキブースターに、ブレーキ踏力を軽減するように働いてしまいます。
これを防ぐ為に、加給機付きエンジンのブレーキブースターには、エアーの逆流防止のワンウエーバルブが付いています。
これが付いていないと、ターボのウエストゲートバルブが壊れたりした場合、ブレーキが効かなくなる可能性もありますので、ターボ車には絶対必要です。

ブレーキキャリパーも、オーバーホールして、キャリパーピストンのシールとダストシールを交換しています。

キャリパーピストンのシールを交換すると、ブレーキのタッチが軽くなります。

フロントブレーキ左右のブレーキパット、ブレーキホースと、リヤのブレーキホースも新品に交換しました。

実は、マスターバックを大型化したら、弱っていたブレーキホースが、ねを上げてしまいました。

 GTV Drag Light
CONCEPT
エンジン
W58ミッション
クーリング
パワステオイルクーラー
インタークーラー
サスペンション
ブレーキ
マフラー
メーター
ホイル&タイヤ
詳細スペック


サスペンション << ページの上に戻る >> マフラー

 ホームエンジンスワップGTV Drag Light

All Rights Reserved Copyright (C) G-GTmagic 2005〜2016